忍者ブログ
ここはクマーが自由気ままに更新するブログです。幻想入りとかの作成状態とかも書いていきますよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


このブログは、クマーが気ままに絵とかを描いたりしたら更新するブログです。
主に、オリジナルのキャラクターとか東方とか描いています。
とても次創作成分厨二成分が強いですから、そういうのに嫌悪感を覚える人は、すぐさま回れ右したほうがよろしいと思われますのでご注意くださいませ(´-ω-`)

ただいま、ニコニコ動画で「学校帰りに幻想郷行っちまった!!!」という動画(?)を作っています。
そっちの更新状況とか制作状況も描いていきますよ(`・ω・´)
気になるお方は、リンク貼っておきましたのでクリックしてください(´∀`)
ただ・・・これもまた、二次創作成分と厨二成分が強いですから、見るときは注意してくださいね?(´・ω・`;)

以上のことを踏まえたうえで、クマーの妄想空想物語をお楽しみ下さい(´∀`)

あと、このブログはビックリするほどリンクフリーです(`・ω・´)シャキーン!!
バナーは……少しお待ち下さい(´・ω・`;)


通常の更新は、この下からですよ。

拍手[1回]

PR


ある夏の事でした。
一本の巨大な鉄の塔が幻想郷にやってきました。
しかし、それも珍しいことではありません。
ここは忘れられた幻想が集う場所。
始めのうちは珍しい物見たさで人も寄ってきましたが、数日もすればその奇妙な鉄の柱も風景の一部になっていました。


人が気にもかけなくなってから数日。
ある日、一匹の河童が、その鉄の塔の近くに来ました。
河童はそこで、奇妙な鉄の棒を拾いました。
それには、傘のような物も付いています。
コレは珍しい!一体これは何なのだろうか?
河童は、ソレを持ち帰ることにしました。



自分の住処についた河童は、早速ソレを調べます。
コレは一体何に使うのだろう?
傘にしては使い勝手が悪い。
そのままでは使い道がない。
棒は傘の中心にあいた穴を通って突き出している。
傘の部分が、何かを集める役目をしている…?
はてまたその逆か…。

河童は何か閃いたようです。
早速、その鉄の棒を使って、様々なものを作りました。
初めは声を拡散する装置。
次は風を送り出したり集めたりする機械。
しまいには、ビームを出すことまで可能になっていました。
しかし、やっぱりどれも本来の使い方ではないような気がします。
河童は何時しか疲れてしまい、眠りについていました。











……ふと、声がしました。
懐かしい声でした。
何かと自分の使い道のない発明を面白がってくれた人。
自分を認めてくれた人。
その人がいるだけで
その人の声が聞けるだけで
何でも頑張れた
その人と一緒なら、どんなものだって作れる気がした
そんな大事な人
その人の声を聞けなくなってから、どれくらい経ったのだろう?
その人と遊べなくなってから、どれほどの月日を過ごしただろう?
いつしか、昔のような気力は無くなっていた
あの人が居なくなってから、全てを無くしたような気さえしていた

もう二度と、あの人と遊ぶことが出来なくても
もう二度と、あの力が満ち溢れる笑顔が見れなくても

せめてもう一度だけ
もう一度だけ



……あの声が聞きたい















目が覚めたら、なぜか目には一杯に涙が溢れていました。
なにやら懐かしい声を聞いたような気がしました。
もう二度と会うことは出来ないのに。

………
河童はもう一度、鉄の棒の本来の使い方を考え始めました。
なんとなく元気が出たからです。
自分でも、ずいぶん単純な理由で元気になるものだと苦笑します。
ただなんとなく。あの人が「頑張れ」と言ってくれた気がしたから。
もう二度とあの人とは遊べないけれども、あの人が期待してくれるだけで、こんなにもやる気になれる自分に笑ってしまいます。
少しだけ気が楽になりました。
それと同時に、またあの声が聞きたいとも思いました。

そこで、河童はハッとなって、自分の発明品の山を掻き分けます。
あれじゃない。これじゃないと次から次へと発明品を引っ張り出します。
小一時間探していたら、どうやら目当てのものを見つけました。
それはずいぶんと前に作り出した物。
あの時は、あと一パーツ足りないと言って完成目前で作るのをやめた物。
もしかしたら…
そう思い、河童は拾ってきた鉄の棒と自分の発明品を組み合わせていきます。

そうして、夜が明ける頃。
河童の発明品が完成しました。
試しに動かしてみますが、やっぱり何も聞こえません。
ソレは遠くの人の声も聞けるという代物でした。
自分の中での推測はあっているはず。
しかし、幻想郷にはソレがないのかも知れない。
そう結論付くと河童は落胆しました。


どうあがいても、もうあの声は聞けないか…


半分分かっていたつもりでも、やっぱり肩を落としてしまいます。


今の幻想郷じゃ無理か……
………あれ?でも、最近此処にきたアレの近くならもしかして……!?


そう思い立ったら、河童は居ても経ってもいられませんでした。
すぐに家を飛び出して、アレに向かいます。
あの鉄の棒を拾った鉄の塔まで、発明品の「ラジオ」を手にして…












……数時間後、河童は鉄の塔の前にいました。
肩で息をするぐらい大急ぎで走ってきました。
既に日も落ち、辺りは闇に包まれています。

河童は心を落ち着けると、祈りを込めるようにラジオのスイッチをいれました。


………しかし、やはり何も聞こえません。


河童は落胆しました。
ここまでくると、むしろ笑えてさえきます。
現実をつき立てられて落胆した河童は、鉄の塔の麓に腰を下ろします。


やっぱり駄目だったか…
分かってはいたんだけどね……


少しだけ涙がにじみます。
涙がこぼれないように空を見上げます。
涙がこぼれると、余計に惨めになるから。



また…聞きたかったなぁ…



空には満点の星が出ていました。



聞きたかったんだよ……君の声を…



星が流れます



これでも頑張ったんだよ…?



いくつも星が流れます。



君に会いたくて…

君の声が聞きたくて…

もう一度「凄いな」って言って欲しくて…・

それだけで頑張れる気がしたから…

それだけで、一生頑張れる気がしたから…

だから……

君の声が聞きたいよ………





いくつもの星が流れ、まるでシャワーのように空を覆います。







「魔理沙ぁ…」








そのときでした。

ザザッ……ザザザッ………

ラジオに反応がありました。
河童は驚き、急いでラジオに耳を寄せます。

ザザッ………

音が遠のきます。

「やだ…やだやだ!!」
お願い!!!!!

河童が叫びます。
祈りを込めて
思いを込めて


すると、かすかに、かすかに声らしきものが聞こえます。


ザ…ザザ……とり…………にとり……


聞こえたのは自分の名前。
懐かしい声で
自分の名前を呼ぶ声がしました。

河童は驚きます。
聞きたかったあの声が、自分の発明品の中から聞こえるのだからです。

しばらくすると、雑音まざりですが確かにアノ声が聞こえてきました。

「聞こえた…聞こえたよ…魔理沙……」

ずっとずっと一緒にいた声。
いつまでも一緒だと思っていた声。
聞いてるだけで暖かくなって
聞いてるだけで嬉しくなって
名前を呼んでくれるだけで、くすぐったくて
もう二度と聞こえないんじゃないかと思っていた




しかし、すぐにまた、彼女の声は雑音にかき消されてしまいます。
河童はすこしでも彼女を声を聞き逃さないようにするために、ラジオに耳をくっつけます。
それでも、徐々に徐々に彼女の声が消えていきます。

「お願い…っ……もう少しだけ、もう少しだけでいいから」
河童は祈ります。
奇跡でもなんでもいい。
彼女に何でもいいから言ってもらいたい。
たとえ、コレが最後でもいいから。


それでも運命は残酷で、もう、雑音しか河童の耳には聞こえませんでした。
それでも、河童は耳を離しません。
離したくないのです。
離したら、本当に最後になってしまうように思えたから…







「お願い………っ!!」







空に最後の星が流れた瞬間でした。
本当に一瞬。
小さな小さな声で
普通ならば聞き逃してしまうような小さな声で
それは聞こえました。






















                   ――頑張ったな――





























その声を最後に、ラジオはボンッと煙を出して、もう二度と動かなくなりました。









何時間くらいでしょうか。
河童は、ただ壊れたラジオをじっと見つめていました。

しかし、河童の目には、もう涙はありません。
笑顔……というには少々無理がありますが、その顔は、さっきまでの悲しい顔ではありませんでした。




河童は、優しく、いとおしむかのように壊れたラジオをぎゅっと抱きしめると、鉄の塔に一度振り返り、自分の家に走って帰っていきました。





河童が何を思っているのは分かりません。
ただ、家に走って帰っていくときの河童の顔はやる気に満ち溢れていました。
笑って 笑顔で




まるで、太陽のように笑う、いつかの魔法使いのように


























河童の名前は「河城にとり」
幻想郷の山に住む、幻想郷の発明家である。




~END~
*********************************************

久々の更新すぎてワロタ。
これからは、自分が小説書いたときにでも書いていくよ多分w

pixivに上げたにとりの絵を描いてるときに思いついた、にとり×魔理沙の物語でしたー。
うん。まぁ寿命ネタだね。俺が書く小説は寿命ネタになることが多すぎるお・・・(´・ω・`)
使いやすいからって寿命ネタに頼りっぱなしなのは良くないね。仕方ないね。

個人的には結構気に入ってる部類に入る物語。ただ、小説とかに関してはド素人なんてレベルじゃないから荒削りなのはご愛嬌。物語作るのも勉強したいものだ・・・(´ω`)

拍手[2回]


コミレポ三日目

漫喫で目を覚ますもすることがない。
「ぼくらと駐在さんの700日戦争」があったから、それを見ていると、なにやら当初来れないと喚いていた地元の友達が来るらしい。
正直、二日目でかなり体力を消耗していたから三日目は行く気がなかったのだが、少しだけ行く気が起きる。
ここで、死にそうな友人からメール。
なにやら荷物もちを手伝って欲しいとのこと。
する事も無かったから、とりあえず行くことに。

池袋から新橋までは山手線で直通なのだが、いかんせん始めての場所で、少し遠回りをする。
電車で向かいに座っていた幼女がスカートで「ああ・・・夏っていいなぁ・・・」と、明らかにつかまるような思考をめぐらせながら新橋着。
到着してみれば、予想通り死にそうな友達と連れがいた。
ここで数人の友達と別れて、二人だけで三日目の戦場へ向かう。

三日目の戦場は、二日目よりも流れがよく、思った以上にすんなり入れた。
しかし、やっぱり熱く臭い。
もう半分なれてしまったからどうということもなく、待ち合わせている場所に向かう。
「少し待っててね。すぐに済むから」
と、風邪で死にそうな友人が戦地に向かう。
当分待機。
待機している間に行き交うコスプレイヤーさんを観察しては「あれ、なんのキャラだっけ?」「お、あのコスいいなぁ」と、観察。





・・・・・・・・・・長い。
恐らく、彼が行ってから一時間以上は経つだろう。
すぐに済むという割には長すぎる。
その間、「もしかしたら、どこかで倒れてるかもなwwww」とか思いながら待つ。
しかし長い。
俺も色々と回りたいのにこれでは回れない。
かといって荷物を放置するわけにはいかない
しかたないから待っていると、コミケ終了近くでやっと友達帰還。
それと同時に俺の地元友達とも出会う。

適度に紹介を終わらせ、ここで死にそうな彼と別れ、地元友達とブースを回る。
欲しかった人のは、半分くらい手にはいらなかったが、それ以外でもめぼしいものが色々と見つかったので良しとする。

適度にブースを回り終えて、企業のほうのブースに向かう。
pixivの本が出ているらしく、そこに友達のの絵も載ってるとのことで欲しかったのだが、向かっている途中でコミケ終了のお知らせ。
近くの日陰に腰をすえ、戦利品を眺めながら帰路につく。

と、ここで秋葉に行きたいと申し出が出たしたので、「明日夜勤だし、泊まっても大丈夫だからいくか!!」ということで秋葉に向かう。
国際展示場正門からユリカモメで新橋に向かうが、異常な人の多さで、なぜか途中から
JOJO立ちしながら電車に乗ってました。
とりあえず、めちゃ込みしてるんだからオッサン乗ってくんな。
しかも、込んでる車内で動くな滅するぞ。


どうにか死なずに秋葉着。
しかし、腹が減ったので「マンモスカレー」とかいう店に入る。
中に入ると、今まで来た客が描いて行ったものだろうか?紙が一杯張ってある。
「おいしかった!!」という文字だけのもあれば、異常に上手い「らきすた」の絵も描いてある。
流石秋葉。絵描きとしての心が震えるぜ!!!

どうやら、そう思ったのは俺だけではなく、友達も感化されて、皆で感想+絵を描いておく。
もし、秋葉の「マンモスカレー」という店に立ち寄って、その中で孤独のグルメのゴローちゃんが「うまい!!」と言ってる絵があったら、それは俺の描いたものです。探してみてください。

腹も満たされ、秋葉捜索開始。
たまたま立ち寄った店に緋想天測と、可愛い小町&えーき様のフィギュアを見つけ購入。
とらのあなでは、日常4巻、あまんちゅ1巻、ベントー1,2巻、デュラララ5,6巻購入。
どう考えても、コミケよりもこっちで使った金のほうが多いです本当にありがとうございました。

ほかにも何か無いかとだらだら捜索していたら、気づいたらいろんな店がしまってました。
時刻22時
「秋葉の夜は早い・・・」
そんな感想を漏らしながら、池袋の漫喫に泊まる。
結構疲れてはいたが、20世紀少年を見つけ、12時くらいまで読みあさり就寝。

三日目が終わった。





わかったこととしては、仕事があるときは無理をせず、休むか、とっとと帰るかしようということでした。
しかしながら、夏コミは面白く(辛く臭く)いろんな人種に会え、ここにくれば大体のイベントとか余裕だとおもいました。

まだ行った事が無い、という方も、一度は勇気を出して来てみてはいかがでしょうか?
精神的にも肉体的にも、かなり鍛えられますよ。

以上。夏コミという戦場へ行ったレポートでした。

いつか、夏コミレポみたいな漫画描きたいなぁ

拍手[0回]


もうかなり時間が経っていますが、気にせず夏コミレポ。
・・・・とは言ったものの、結局はmixiで書いたものをそのまま引用。



夏コミ一日目
実家で、色々暇をつぶしながら、いつもどおり中二的な考えにふける。
無駄に広い空はとてもとても綺麗でした。


夏コミ二日目
朝七時に出発。
一人旅はあこがれていたけど、こういう明確な目的があるときは緊張する。
どうせなら、ぶらり途中下車しながら旅をしてみたいものだ。

予定よりも(ゆりかもめ混雑のせいで)30分遅刻して国際展示場正門に到着。
待ち合わせしていたはずの友達の姿が見えなく、電話で探す。
結構近くにいました。 

友達と夏コミの行列に並ぶ。
サングラスかけたオッサンと柄の悪い人間のツートップは、はたからみたら、とても異常な光景だったでしょう。
厚い・・・・主に厚い・・人の密集率が主に厚い・・・

そういえばカタログ買っていないなぁと思い出し、当日販売で買いに行く。
列から少し離れて買いに行ったら、
「カタログ買った人はこちらからから入場お願いしまーす」
と、予定よりもすんなり会場に入れた。
夏コミ行く人は、メモ帳か何かに、行きたいサークルメモしてカタログを当日販売に買いに行くといいとおもいますよ。

会場内は予想以上に人が多かった。
そして臭かった。
お願いだからその加齢臭をどうにかしてください。

あまりに人が多く、いてもたってもいられなかったから友達と分かれて喫煙所を探す。
見つからなかったから、そのままブースに行く
が、
人多すぎわろた。
あまりに多すぎて気疲れしてしまい、欲しいサークルも買えずじまい。
ショボーン(´・ω・`)

その後、絵柄で気に入ったサークルが合っても気力がもたずスルーしながら戻る。
喫煙所を見つけはしたが、ここにも人が多くてギブ。
仕方ないから一緒に来た友達と、他の来てる友達にでんわくをしてみるが繋がらない。
なんどもトライしているうちに一緒に来た方の友達と出会う。
電話もつながり、居場所を聞いてみたら更衣室とのこと。
皆もう準備完了しているらしく、慌てて更衣室へ。

到着後、自分でも驚く速度で着替え、広場へ。
レミリアやる予定だった人がなにやら来れないらしく、しょんぼりしながらガチルノ、ガ中国、PADはレミリアを探しながら広場を回る。
思いのほかレミリアが少なく、たまたま見つけたレミリアとあわせをする。
その後、なぜか俺が数人に声をかけられ写真を撮られる。
どうやら良いネタになったみたいです。 
広場帰りの途中、レミリアする予定だった友達と会う。
とても疲れた様子でした。

コスも終わり、会場を後にする。
なぜか、そのまま幻想オフに行くことになった。
途中から参加してもいいのか分からないけど、おkだったみたい。
カラオケに入る直前まで正体をばらさずいた。
結構「クマ吉だよー」って言ったら驚かれて嬉しかった。

しかしながら、今まで一度も会ったことのない人ばかりだったので、特別何もせずにカラオケ終了。
スケブお願いされたから、一時間中描いてた。
完成できなかったのが悔いだった。やっぱり描くスピード落ちたなぁ・・・

カラオケ終了後、スカイプメンツで飲みに行く。
その中の一人が、かなりグロッキー状態。
体調管理はしっかりしないとね。
そして、やっぱり外で飲むと、全然酔わないことが分かった。どんなに疲れてても、案外どうにかなるもんだ。

場所を移して飲みなおし。
猪木酒場って場所に行った。
ここでまた別の友人と合流。
感想としては、全体的に五月蝿かった。
近くの席のグループがいい感じによってたみたいでうるさかった。
でも、テレビで流れてた猪木の試合は面白かった。
今度は、もっと良い状態で飲みに行きたいね。


ここで皆と別れて、俺と一緒に来た友人は、猪木酒場のすぐ上にある満喫に泊る。
もう少し本の量があってもいいと思ったが、飲み物飲み放題は嬉しかったね。
そして12時就寝。







三日目へ、続く・・・・

拍手[0回]


前回の日記は、あまりにも鬱すぎたから消したよ!!
コメくれた皆さん本当にありがとう。まだまだ、頑張っていきますぜ。
あの日記以降、また時間を見つけて適度に幻想入りは進めております。
絵が描けるって幸せだね(´∀`)


さてさて、日記のタイトルどおり、もう一ヶ月もしないうちに夏コミですね。
働き出してからは時間に余裕は無いものの、お金に余裕は出てきたので、今年の夏コミには行こうと思っております。


しかし、ひとつ問題が・・・

スカイプでの話しなのですが、夏コミで紅魔郷あわせしたいねーと、友人が言っておりまして。
俺はコスとかはしたことないし、見てるほうがいい人間なので「まぁ頑張れ」と声援だけ送っておくつもりだったのですが

友「クマーがチルノしたら、本当に『ガチルノ』だなwwwww是非ともやってくれwwww」

という話になりまして。
数日前にも同じ会話があったとき、深夜テンションのまま
俺「いいよwwwんじゃ、やってやんよwwwwww化粧とかなにもしないでいいのならなwwww」
と言ってしまい、本当に夏コミでチルノの格好するハメになりました。


・・・・・・・・
え・・・えーと・・・・
俺は、顔が北斗の拳に出てくる「山のフドウ」に、本当に似てるんですよ。友達も80%くらいフドウだって言うくらいに。
んで、そんな奴がチルノの格好するわけですよ。


725277.jpg









自分の似顔絵↑





3437c127.jpeg







チルノ↑






4417ddd8.jpeg














・・・・・夏コミ行く人は、こんな感じのチルノ見かけたら、俺だと思ってください。
優しく哀れむ目で見て何も無かったかのようにその場を去るか、勇気を出して声をかけるかは、その人の判断に任せます。
つか、チルノファンに殺されるんじゃ(JOOOOOOOOO!!

拍手[0回]


[1] [2] [3] [4] [5] [6
  HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Web拍手
何か一言あったらドゾ。 押してもらえたら、飛び跳ねて喜びます。 ちなみに、お礼画像はまだない!(´・ω・`)
最新コメント
[06/27 ナナシノ]
[03/27 セクフレ]
[03/27 人妻]
[03/27 潮吹き]
[03/27 割り切り]
最新トラックバック
(09/26)
プロフィール
HN:
クマー
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1988/12/28
職業:
専門職らしき何か
趣味:
お絵かき カラオケ
自己紹介:
夢は、自分の作品を見てくれた人を皆笑顔にすること。

常に毎日が一杯一杯。
絵を描く事と歌う事が好きな熊野郎。
「紳士という名の変態である」と、自分でも思っている。
ブログ内検索
P R
カウンター
ブログの評価 ブログレーダー
アクセス解析
忍者ブログ [PR]